大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「社長さん」を育てる、ということ

投稿日時:2011/05/30(月) 08:55rss

千年続く 会社をめざそう⑫
■「社長さん」を育てる、ということ■



先日、ある社長さんが、次のような話をしてくださいました。
 
「この前、うちの社員が嬉しそうに、『お客さんから
“あなたがこの会社の社長さんですか?”って言われち
ゃいました!』と報告してくれました。お客様からそ
う言って貰える社員を持てる私は幸せです」
 
本当にその通りだと思います。
 
人から“社長”だと思われるということは、
 
・誰よりもお客様のことを考えている。
・誰よりも会社のことを考えている。
・誰よりも会社の仲間のことを考えている。
 
と見られるほどの言動をしているということ。
こんなに頼もしい社員さんはいませんよね。
 
そんな社員さんをどう育てたらよいのか?
その切り口は、それほど難しいことではないと思っています。
一言で言えば、
 
「トップの仕事好きを社員さんに伝染させる」
 
ということ。元々社風というものは、
トップの言動を通じて定着していくもの。まさに、
 
 「トップが変われば社員は変わる」
 
なのです。
これは会社で言えば社長ですが、部門で言えば部門長でも同じことです。
 
よく自社の風土や社員さんの立ち居振る舞いに不満を口にする経営者がいらっしゃいますが、
鏡に映った自分の顔の汚れを消そうと、一生懸命鏡を擦るようなもので、
決してその汚れは消すことはできない。

どうすればよいかといえば、自分の顔を拭えばよい。
人を改めさせよう、変えようとする前に、まず自ら改め、自分が変わればよいのです。
 
自分がとことん仕事に惚れ込み、目いっぱい輝いて生きる。
そうすれば、それが鏡となって社員さんの心に火を燈す。
その究極の姿が、
 
「あなたがこの会社の社長さんですか?」
 
と言われる社員さんなのだと思います。
 
そして・・・そんな社員さんを育成できる社長さんは、最高の社長さんです!



■名南コンサルティングネットワーク こちら>>>
■日本法人会千年経営研究会 こちら>>>

201312271029_1.jpg

ボードメンバープロフィール

board_member

かめい ひでたか

1965年岐阜県生まれ。89年名南コンサルティングネットワーク入社。2001年より取締役。後継者育成や経営計画立案を得意分野とする。愛知近県の後継者を対象にした勉強会を各地で主宰するなど、「事業承継」をライフワークにしている。月刊ニュートップリーダー(L.)連載『事業承継の王道』など、執筆・講演活動も精力的に行なう。

詳細へ

<<  2018年1月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31